こだわりの取り組み

1.有機肥料栽培


福田有機ファームでは、化成肥料は一切使わず、有機肥料だけで栽培しています。
有機肥料は「価格が高い」、「施肥に手間がかかる」、「効きが遅い」、 「成分の効かせ方のコントロールが難しい」など大変なことは多いのですが、 安心安全をお届けするため、より美味しく食べていただくために日々研究を重ね取り組んでいます。
有機肥料はアミノ有機P(㈱フォーレスト社製)と 元気ゆうき君(株式会社 柏崎エコクリエイティブ社製)を使用しています。
アミノ酸は土壌微生物にとって有益な栄養源となり、有機質の植物の栄養源に変わり、 その旨味の素になります。
アミノ酸由来の有機肥料を施肥することにより機能性を増す効果が期待でき、食味も増してきます。


ナリヒラ農法における有機肥料栽培の研究会風景



2.ナリヒラ農法


福田有機ファームではナリヒラ農法を取り入れています。
「ナリヒラ酵素」を使用して栽培する無農薬(一部減農)農法のことです。
キノコ菌から抽出した植物活性液「ナリヒラ酵素」は植物の硝酸値を低下させ植物活性力が増し 元気に育つので、害虫や病気に強く美味しさがギュッとつまった作物を収穫することができます。
また、「ナリヒラ酵素」は土着菌の活力を増し、作物が根張りしやすい柔らかな土壌に改良する 効果があります。